スポンサードリンク

2013年09月16日

熱中症にならないために

熱中症の予防法

熱中症は、ちょっとした注意で防ぐことができます。

普段から熱中症の予防法を頭の片隅に置いて行動しましょう。



〇体調を整える


・体調管理

風邪ぎみなど、体調の悪いときは暑い日中の外出や運動は控えましょう。


・睡眠不足

真夏は熱帯夜などで、睡眠不足になりやすいです。

睡眠不足も免疫機能低下によって熱中症を引き起こしやすくなります。

節電も大事ですが、適度にエアコンなどを利用することも必要です。


・下痢

脱水症状になりやすくなります。


・水分補給

汗をかいた分、こまめに水分を補給してあげましょう。

喉が渇いたと感じる前に、定期的に少しずつ水分を補給しましょう。


・塩分補給

水だけでは吸収が良くないため、塩分をとると吸収が良くなります。

糖分も含まれているスポーツドリンクなどがおすすめです。


・服装に注意

服装は、通気性の良い素材にし、色合いは熱を吸収しにくい白系統の服が良いでしょう。
外出時には帽子や日傘を利用しましょう。


・スポーツ

真夏は、急激な激しいスポーツは控えましょう。

軽いスポーツをする場合は、時間を決めてなるべく涼しい時間帯にし、
水分・塩分補給を忘れないようにとるようにしましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。