スポンサードリンク

2013年09月19日

熱中症とは

熱中症とは、体の中と外の"あつさ"によって引き起こされる、様々な体の不調のことをいいます。

体内の水分と塩分が不足したり、体内の調整機能がうまく働かず、
体温が著しく上昇することが原因で起こります。


熱中症の主な症状は、めまい、倦怠感、頭痛、吐き気、嘔吐、大量の発汗などです。


熱中症が重症化すると命に関わる危険な状態になるため、年齢問わず熱中症の予防を
しっかりする必要があります。

気温だけでなく湿度も原因の一つになるので、普段から正確な応急処置で対処できるよう、
熱中症の予防や症状について知っておくと良いでしょう。







〇熱中症の症状

・熱失神

血圧の低下、めまい、失神、顔面蒼白など。

・熱疲労

脱水症状によるめまい、頭痛、吐き気など。

・熱痙攣(ねつけいれん)

水分補給が足りず血液の塩分が不足し、足や腕、腹部などに痛みとともに痙攣が起きる。

・熱射病 

体温上昇。意識障害が起こり死に至ることも。


〇軽度の熱中症

立ちくらみ・顔色が悪くなる・軽いめまい・脈拍が速くなり呼吸数の増加・こむら返り
・数秒間程度の失神・腹痛・手足や腹筋などの痙攣など


〇中度の熱中症

頭痛・吐き気(嘔吐)・めまい・失神・強い疲労感・倦怠感、血圧の低下・下痢・体温の上昇など


〇重度の熱中症

38度以上の体温・意識障害・ふらふらして立てない・過呼吸・ショック症状・痙攣など

※全身の臓器の障害が生じ死に至ることがあるので要注意!!



<熱中症にかかりやすい条件の人>


・高齢者

・乳幼児

・肥満の人

・体力の弱い人

・体調不良の人

・怪我や故障している人

・屋外飼育のペット

・高血圧の人

・糖尿病の人

・心臓疾患や循環器系の問題など、慢性疾患を持つ人(冠状動脈疾患など)

・発汗機能の低下者

・暑さになれていない人

・日中、暑い時間帯に外で仕事をする人

・屋外で運動をする人

・アルコール中毒

・薬物の乱用の傾向がある人

・性格的に、真面目で我慢強く、引っ込み思案な者人

など。。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。